広瀬香美の密着取材も「ひどい態度」に批判殺到

■ヘッダー用

■ヘッダー用2

■SP用 108 コンテンツ風レクタングル

■108 コンテンツ風レクタングル【2列×3段表示】

広瀬香美の密着取材も「ひどい態度」に批判殺到

1: 金魚 ★ 2018/05/10(木) 12:09:56.21 ID:CAP_USER9

“冬ソングの女王”の異名を持つ歌手の広瀬香美が、5月9日にフジテレビ系列で放送されたバラエティー番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』に出演した。現在、広瀬はアメリカのロサンゼルスにある高級住宅街に住んでおり、その豪華な生活ぶりなどが紹介されたが、視聴者からは批判が相次ぐ事態となった。

ロサンゼルスの高級住宅街のなかでも有数の豪邸に住む広瀬は、毎日夜明け前から3時間にわたり歌の練習をし、その後は1時間の筋トレしているという。その様子を取材に訪れたスタッフにも披露し、歌のために努力を惜しまない様子をうかがわせた。

取材スタッフから「練習そんなに必要ですか?」と問いかけられた広瀬は、「一番わたしが刺激的で、本当に生きてるなって感じられるのは練習してるとき。練習だけでいいなぁって。究極、わたし人の前で歌わなくてもいいのかなって思っちゃったりするときある」と練習に並々ならない力の入れようだということをアピールした。その後、密着取材中に「(取材を受ける期間が)4日があったらもっと(歌が)成長できたのに」とスタッフに嫌味を言う場面もあった。

さらに、広瀬が日本で活動しているところにも密着取材した様子が放送され、『広瀬香美音楽学校』で日本の一般人向けに歌の授業をしているところが公開された。そのときに広瀬が、生徒に「音程が悪すぎる。何なんだ、あなたたちは」と悪態を付き、舌打ちする様子もあった。

「高いキーに魅力を感じない」

この取材の模様を見たあとに、スタジオでは梅沢富美男や長嶋一茂が広瀬のストイックさをほめたたえていたが、ツイッターでは広瀬の態度に批判が集中した。

《練習したいならはなから取材OKするなよ。お金のためにOKしたんだろう?なのに文句言ってんじゃねーよ》
《広瀬香美をディスったらだめなルールとかあるのテレビ界?》
《レッスン中に舌打ちするのはどうかと》

日本で開いたコンサートではヒット曲『ロマンスの神様』のキーを2つ上げて歌う姿を披露。トレーニングの成果で歌えるようになったというが、広瀬の生活ぶりを見た視聴者からはこれにも批判が寄せられた。

《なんでそこまで高い声をだすことにこだわるんだろう。全く魅力を感じない》
《キー2つ上げとか言ってるけど、高けりゃいいってもんじゃないような。キンキン響いて耳障りなんだよ》

さらには50歳を超えた広瀬の顔に対しても、《整形が失敗したのでは》、《顔の劣化がひどい》といった投稿があった。言われたい放題だった。

「80歳になっても『ロマンスの神様』を原曲キーで歌いたい」と今後の抱負を語った広瀬。それまでニーズがあればいいのだが…。

https://myjitsu.jp/archives/50931

続きを読む

■下部用

■93 サムネ+テキスト(テキスト下部サムネ上部)【タイトル付き 横長2列】

■90 サムネ+テキスト(正方形)【ランキング表示】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする