【衝撃】本橋麻里「私は変態ではありません。ど変態です(笑)」 ※画像あり

■ヘッダー用

■ヘッダー用2

■SP用 108 コンテンツ風レクタングル

■108 コンテンツ風レクタングル【2列×3段表示】

【衝撃】本橋麻里「私は変態ではありません。ど変態です(笑)」 ※画像あり

no title

1: 名無しさん@(* ̄ω ̄)/ 2018/03/05(月) 18:02:27.82 ID:CAP_USER9.

 昨年9月、代表決定戦に勝ち、平昌五輪代表を決めたロコ・ソラーレ北見(以下LS北見)の主将・本橋麻里についての記事を出した。

「カーリングの変態」本橋麻里の献身でつかんだLS北見の五輪キップ

 当初、僕がつけたタイトルは「マリリン、3度目の五輪へ。勝負を分けた献身」という、確かに平凡なものだった。
 編集部はそれに対して、上記を提案してきた。確かに「変態」という言葉はキャッチーこのうえない。
ただ、アスリートに、それも女性に、そんな言葉をぶつけるのはいかがなものか、という葛藤もあった。

 それでも記事の内容は、彼女の努力やチームの勝因について言及した悪いものではないという自負もあった。
何よりも多くの人に読んでもらいたいという下心もあったので、結局、編集部の提案に乗った。

記事は、おかげさまで多くの人に読んでいただいたようだった。ネットの掲示板やコメントは玉石混淆なので、書き手として気にしないようにしているが、
このときばかりはちょっと気になっていた。本橋の夫・謙次さんのコメントを使ったからだ。
昨秋から五輪前後にかけて複数のメディアが彼に接触を試みたが、「僕はカーリングのことはわかりませんので、ごめんなさい」と、
丁重に固辞し続けていた。僕も縁あってお会いすることができたが、取材は同様にやんわりと断られていた。

最も端的に本橋麻里というカーラーを表現していたので、どうしても使いたかった。つまり、無断で確信犯的に書いた。
編集部や読者からの評判は概ね悪くなかったのだが、小心者な僕はそれだけに罪悪感と恐怖を抱えた。
本橋と旦那さんは気分を害していないだろうか。

 震えていると、なんと本橋麻里本人からメールで連絡をいただいた。

「記事を読んだ友人から『やっぱり変態だったんだね(笑)』と連絡もらいました」 とあった。やはり人々は「変態」に食いついている。

「私は変態ではありません。ど変態です(笑)」 全身の力が抜けた。

「素敵な記事、変態の称号、ありがとうございます。改めて、私は周りに生かされてる人間だなぁと感謝しかありません」

しばらくPCの前から動けなかった。目元を拭(ぬぐ)ってから、「ああ、こういうところだなあ」と確信した。
“クソガキ”と自称する鈴木夕湖や、先に五輪を知った姉にコンプレックスを抱いていた吉田夕梨花、その五輪を経験しながら居場所を失った吉田知那美、
勝てない責任を負いすぎたスキップの藤澤五月。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/other/2018/03/02/___split_26/index_3.php
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/other/2018/03/02/___split_26/index.php
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/other/2018/03/02/___split_26/index_2.php


続きを読む

■下部用

■93 サムネ+テキスト(テキスト下部サムネ上部)【タイトル付き 横長2列】

■90 サムネ+テキスト(正方形)【ランキング表示】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする