キムタクが相当ヤバイらしい・・・・・

■ヘッダー用

■ヘッダー用2

■SP用 108 コンテンツ風レクタングル

■108 コンテンツ風レクタングル【2列×3段表示】

キムタクが相当ヤバイらしい・・・・・

1: あちゃこ ★ 2018/01/04(木) 17:33:10.21 ID:CAP_USER9

元SMAPの木村拓哉(45)が主演を務めるテレビ朝日系「BG~身辺警護人~」が1月にスタートする。
SMAPの解散以降、何だか影が薄いキムタクだが、その影響は共演者のキャスティングにも及んでいるようだ。

SMAPの解散以降、満を持して臨んだ主演映画「無限の住人」が興行収入で伸び悩むなど、思うような活躍ができていない木村。

昨年12月22日発売の写真週刊誌「フライデー」では、解散以降、これまで語ることのなかった元メンバーや家族への思いなど“激動の1年”を振り返るインタビュー記事が掲載された。

「“宿敵”とも言える写真週刊誌の取材に応じる時点で焦りを感じますよね。しかも主演ドラマの放送開始前という
絶妙のタイミング。背に腹は代えられないといったところでしょう」とは芸能リポーター。

そんな木村が臨む同ドラマは、拳銃を持たずに丸腰で危険に立ち向かう民間警備会社の身辺警護人の活躍を描いた作品だ。
共演者の顔ぶれを見ると、江口洋介に斎藤工、上川隆也、菜々緒、さらに最近ブレーク中の石田ゆり子と主役級が顔をそろえている。

だが、一方ではこんな声も。

「確かに顔ぶれは豪華ですが、木村さんのドラマでは定番ともなっている旬の若手女優が演じるヒロインに欠ける印象もありますよね」(テレビ誌編集者)

そうした中、テレビ局関係者はこう明かす。

「実は今作のヒロインとして当初は長澤まさみや広瀬すずの名前も挙がっていたんです。ただ、単発出演ならまだしも、一定期間拘束される連続ドラマはスケジュール的に厳しいということで、断られたという話です」

確かに2人とも今をときめく人気女優。スケジュールの確保に難航するのは致し方ないところでもあるが…。

「まあ、シビアな話、全盛期の木村さんだったらヒットは間違いないでしょうし、ヒロインを演じるメリットもあるので、多忙を理由に断られることはなかったはず。“キムタクブランド”も陰りということでしょうか」(同関係者)

こうした影響もあってか、同ドラマのヒロインについては複数の女優による1話限定でのスポット出演も噂されている。
確かに、見る側としては毎回違う美女が登場するほうがうれしいが…。

夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000010-ykf-ent

続きを読む

■下部用

■93 サムネ+テキスト(テキスト下部サムネ上部)【タイトル付き 横長2列】

■90 サムネ+テキスト(正方形)【ランキング表示】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする