2017年に芸能界を去った人気タレントたちwwwwww

■ヘッダー用

■ヘッダー用2

■SP用 108 コンテンツ風レクタングル

■108 コンテンツ風レクタングル【2列×3段表示】

2017年に芸能界を去った人気タレントたちwwwwww

1: 豆次郎 ★ 2017/12/26(火) 09:06:12.73 ID:CAP_USER9

12/26(火) 8:40配信
2017年9月27日、来年9月の引退を発表した安室奈美恵。今年の9月16日にデビュー25周年を迎え、故郷・沖縄での野外ライブを大成功させた直後の出来事だった。世間のインパクトも大きく、タレントのイモトアヤコをはじめ、“安室ロス”を嘆くファンが続出。世の関心も広く、12月19日に『NHK紅白歌合戦』への特別企画枠での出演が発表されるとトップニュースとして取り上げられた。こうした社会的な注目を浴びて惜しまれつつ去っていく芸能人がいる一方で、人知れず去っていく者、業界から追われる人など “芸能人の引退事情”は実に千差万別。そこで、2017年の代表的事例を元に“芸能人の引退模様”を振り返る。

【写真】一世を風靡したあの人も! 芸能界を引退した著名人一覧

■伝説の歌姫・山口百恵を彷彿とさせた堀北真希の引退劇

 実は、芸能界において結婚を機に“寿引退”となるのは意外と稀だ。2017年2月末、「あたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたい」とのメッセージを残し、芸能界を電撃引退した女優・堀北真希はその稀なパターンといえる。前年には山本耕史と結婚、出産が報道。メッセージにハッキリ「引退」の文字はなかったものの、子供が成長してからの復帰も示唆されないままなので、現状は事実上の「引退」だ。ママタレへの転身、女優復帰の道があるにも関わらず、スッパリ芸能界を去ってしまうその姿から、メディア研究家の衣輪晋一氏は「伝説の歌姫“山口百恵”を彷彿させる」と話す。

 1980年10月5日、日本武道館でのコンサートを最後に、21歳の若さで引退した山口百恵。まさに人気絶頂の中での出来事で、家庭環境が母子家庭だったため、“幸せな家庭を築きたい”という想いが元々強く、またそれほど芸能界に執着してなかったとのではと言われている。衣輪氏は「堀北真希さんも芸能界にそれほど執着していなかったタイプでした。現役当時、堀北さんは自身について“世話焼きタイプ”であると語っており、さらには“今の自分がすべきことに集中するのがモットー。いろいろやらなきゃと考えすぎて自分に余裕がなくなった過去を反省しているんです”とも話していたのが印象的でした」と語る。堀北は自分がやりたい事、やるべき事を完璧にこなしたい人物。子育てと女優の両立は完璧にこなせないと考えたのかもしれない。

■本人の意に反して、引退せざるを得なかった江角マキコ

 一方で、2017年1月末、50歳になったのを機に芸能界引退を発表したのは女優の江角マキコだ。江角は2014年にそれまで所属していた芸能事務所を離れ、個人事務所・インクワイヤーを設立。同年8月、2012年12月頃に当時のマネジャーに命じて、タレントの長嶋一茂の自宅に「バカ息子」などと落書きをさせていたことが雑誌『週刊文春』(藝春秋)によって報じられ、世間からバッシングを浴びた。さらには不倫疑惑、夫との別居など様々な情報が錯綜し好感度も激減。通常、こうしたゴシップは役者であれば芸の肥やしにし挽回も可能だったのだろうが、あまりに連鎖するマイナスの報道にさすがの江角も引退を決意。以前から育児や子どもとの時間を大切にしたいという想いを語っていたということもあり、「今一度立ち止まり、子供たちのために、今私にしかできないことを選択し専念する時期だったと考え、このような決断に至りました」とコメントを残して芸能界を去った。一時代を築いた女優だけに、一連の報道による引退は、本人の意に反したものだったろう。

(続く)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000365-oric-ent

続きを読む

■下部用

■93 サムネ+テキスト(テキスト下部サムネ上部)【タイトル付き 横長2列】

■90 サムネ+テキスト(正方形)【ランキング表示】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする